スポンサードリンク

2007年08月23日

市職員の飲酒運転 もはや待ったなし

飲むならなるな、公務員!

(AGARA紀伊民報より引用)

 まだ公務員が飲酒運転をしているのか、と驚かされる不祥事が田辺市で起きた。男性職員2人が相次いで酒気帯び運転で検挙され、ともに懲戒免職処分を受けた。市役所内でも「まさか、信じられない」と、衝撃が走った。

 一人は農林土木課の係長級職員(46)。自宅で焼酎220ミリリットル1本と缶ビール350ミリリットルを半分程度飲み、車を運転して友人宅へ向かう途中、巡回中の田辺署員に酒気帯び運転で検挙された。

 もう一人は市消防本部上富田消防署の係長(55)。消防職員の懇親会で、ビール中ジョッキ8杯程度を飲んだ後、バイクを運転して自宅に帰る途中、工場の外壁に衝突。鎖骨骨折など全治1カ月のけがをした。この係長も酒気帯び運転で検挙された。

 全国で公務員の飲酒運転による事故が相次いだことから、各自治体は厳罰化を進めている。田辺市も昨年11月、飲酒運転についての懲戒処分指針を改正した。

 新たな基準では、酒酔い運転は事故の有無にかかわらず免職。酒気帯び運転で死亡事故や重い事故があった場合も免職。酒気帯び運転で傷害事故や物損事故があった場合、事故がない場合は免職か停職と決めた。飲酒運転と知りながら同乗した場合も、免職か停職にすることにしている。

 市によると、今回の2件はともに、少し休んで酔いをさますということもなく車やバイクを運転していることや、指針を改正した時に「飲酒運転をした職員は、原則として懲戒免職にする」と全職員に文書で周知していたことなどから、情状酌量の余地はないとして、免職処分を決めたという。

 真砂充敏市長は、処分を発表する記者会見で「市民の信頼を失墜する行為で、2度とこういうことのないようにしたい」と陳謝し、自身の給与の一部を返上する考えを示した。

 「処分が厳しいという声はないか」と聞くと、ある課長は「わたしの周りでそういう声はない。みんな(この処分は)当然と思っているのではないか。昔から『飲んだら乗るな』と言われてきているし、全国的にも飲酒運転を見る目は厳しい」と答えた。

 しかし、市民の間では、部下を抱え、指導監督する立場にある係長(級)の職員の飲酒運転が相次いで発覚したことで、これは氷山の一角にすぎないのではないかという不信感も根強い。

 実際、厳罰化を徹底したはずなのに、飲酒運転をしている職員がいた。市の指導が徹底していなかったといわれても仕方がないだろう。飲酒運転をした本人はもとより、職場にも飲酒運転を許してしまう土壌があったのではないか。

 飲酒運転が問題になるたびに、この地では「公共交通網が発達していないから」とか「ほんの少し飲んだだけだから」とかの言い訳が聞こえてくる。しかし、そんな言い訳は全く通用しない。

 市長は全職員に「飲酒運転は犯罪。このことをもう一度肝に銘じてほしい。表面だけを変えても意識の底流が変わらなければ変わることはできない」と電子メールを通じて訴えた。その通りである。

 公のために働くのが公務員である。地域から飲酒運転を根絶するため、先頭に立って意識改革を徹底してもらいたい。
posted by 公務員の飲酒運転 at 12:54| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

飲酒運転の甲府市職員ら処分

飲酒運転もですが、、、公務員がヤミ金運営とは!

(NIKKANSPORTSより引用)

 甲府市は22日、今年6月に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発された都市建設部の男性職員(35)を懲戒免職処分にした。また、貸金業法違反(無登録)などの罪で逮捕、起訴された税務部滞納整理課の非常勤嘱託職員秋山一則被告(48)について、業務委嘱を解除する懲戒処分とした。

 市などによると、男性職員は6月25日夜、酒を飲んで徒歩で帰宅した後、車で出掛けたところを摘発された。秋山被告は、約30人の顧客を相手にヤミ金を運営していたとして貸金業法違反などの罪で逮捕、起訴された。

 宮島雅展市長は「市政への信頼を損ね、深くおわびする。公務員倫理の徹底を図りたい」とのコメントを発表した。

posted by 公務員の飲酒運転 at 00:00| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

新見市教委主任飲酒運転逮捕で市長が緊急訓示

教育を管理する教育委員会の職員までも・・・

(山陽新聞ニュースより引用)

 新見市教委教育総務課主任、山本守容疑者(39)が道交法違反(酒気帯び運転)で17日に現行犯逮捕されたことを受け、同市の石垣正夫市長は20日、職員に綱紀粛正の徹底を求める緊急訓示を行った。

 生涯学習センター「まなび広場にいみ」(同市新見)で行い、市、市教委職員約370人が出席。石垣市長は「新見市の信頼は失墜した。私自身、市民にどうおわびしてよいのか困惑している」とし、「二度と起きないよう全職員で信頼回復に努めよう」と述べた。

 新見署の調べでは、山本容疑者は17日午後9時半ごろ、同市高尾の国道180号で酒を飲んで軽乗用車を運転中、乗用車に追突し逃走。駆け付けた署員に道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕され、19日には自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げなど)の疑いで再逮捕された。
 
posted by 公務員の飲酒運転 at 19:42| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

市職員相次ぎ飲酒運転 検挙で懲戒免職も

モラルがなさすぎですね、公務員は!
いつも社会と向き合って生きている民間企業に比べて、、、話になりません。

(AGARA紀伊民報より引用)

 田辺市は11日、農林土木課の係長級男性職員(46)が4日に酒気帯び運転で田辺署に検挙されたとして懲戒免職にしたと発表した。さらに市消防本部上富田消防署の男性係長(55)が9日、飲酒後に自動二輪車を運転し、外壁に衝突して負傷する自損事故があったと報告した。係長の処分は今後事情を詳しく調べ、決めるという。

 市によると、係長級職員は3日午後10時半ごろから、自宅で焼酎220ミリリットル1本と缶ビール350ミリリットルを半分ほど飲み、午後11時50分ごろ、自家用車を運転して友人宅へ向かったが、同市上の山2丁目の県道でパトカーの検問を受け、呼気1リットル中0・36ミリグラムのアルコール分が検出されたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)で検挙されたという。職員は休み明けの6日朝に上司に報告した。

 市は10日、副市長や収入役、総務部長らで構成する賞罰審査委員会を開き、11日付でこの職員を懲戒免職に、監督責任で、農林水産部長と農林土木課長を訓告処分にすることにした。

 一方、消防署係長は、9日午後6時ごろから8時ごろまで、市内のビアガーデンで消防職員ら約50人が参加した親睦(しんぼく)会でビール中ジョッキ8杯程度を飲み、自動二輪を運転して帰宅途中の午後9時ごろ、同市秋津町の市道で工場外壁に衝突し、鎖骨やあばら骨を折るなどのけがをしたという。現在、市内の病院に入院している。呼気1リットル中0・7ミリグラムのアルコール分が検出された。市は今後、係長から詳しく事情を聴いた上で賞罰審査委員会を開き、処分を決める。

 記者会見で真砂市長は「市民の信頼を裏切り、市の信用を失墜し心からおわび申し上げる。二度と起こすことのないように、全職員で信頼回復と再発防止に全力で取り組みたい」と謝罪した。市長は、自身の給料の月額を一部返上する考えで、9月定例議会に給与に関する条例改正案を提案するという。

 田辺市は昨年11月、全国的に公務員の飲酒運転事故が相次いだことをきっかけに、飲酒運転による懲戒処分の指針を改正。酒酔い運転は事故の有無にかかわらず免職にする▽酒気帯び運転は死亡事故か重傷事故を起こした時は免職に、傷害や物損事故、事故がなかった場合は免職か停職にする▽飲酒運転と知りながら同乗した場合も免職か停職にする―などと厳罰化した。

 改正にあたって当時、副市長(当時助役)名で、飲酒運転をした職員は原則として懲戒免職にすることや、交通法規の順守と交通事故防止に細心の注意を払い、飲酒運転の根絶に最大限努めるよう指示する文書を全職員あてに出していた。

posted by 公務員の飲酒運転 at 12:51| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

男性検察事務官を酒気帯び運転で処分/横浜地検

検察事務官の飲酒運転です。

(神奈川新聞より引用)

 横浜地検の四十代の男性検察事務官が勤務後に酒気帯び運転し、罰金二十万円の略式命令を受けていたことが十日、分かった。地検は同日付で事務官を六カ月の減給処分とした。事務官は依願退職した。

 地検によると、事務官は七月十三日午前零時ごろ、飲酒したうえで横浜市旭区の道路で乗用車を運転中、旭署に摘発された。前日の勤務後に同僚と飲食店で飲酒し、自宅の最寄り駅まで家族に車で迎えに来てもらい、運転を途中で代わったという。十九日に書類送検された。

 調べに事務官は「家族の運転経験が浅かったので運転を代わった。昨年十二月ごろから同じように二十回くらい飲酒運転した」と供述したという。

 地検の中井國緒次席検事は「極めて遺憾で再発防止に努めたい」とコメントしたが、「本人が深く反省している」との理由で氏名や年齢、具体的な摘発状況は公表しなかった。
posted by 公務員の飲酒運転 at 16:38| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

平戸市職員を懲戒免職 “撲滅宣誓”後に飲酒事故

市職員の飲酒運転です。

(長崎新聞より引用)

 平戸市教委は九日、飲酒運転で四人を負傷させる追突事故を起こした中部公民館の赤木英雄主事(30)を懲戒免職処分にした。白浜市長は「市職員としてあるまじき行為であり、市民の信頼を大きく失墜した。市民の皆さまに深くおわび申し上げる」とのコメントを出した。

 吉居辰美教育長らが市役所で会見し明らかにした。会見などによると、赤木主事は六月二十二日夜、飲食店で酒を飲んだ後、自家用車を運転しタクシーに追突事故を起こした。自動車運転過失致傷と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検され、今月六日に平戸簡裁が罰金四十万円の略式命令を出した。

 吉居教育長は処分理由として、全職員が署名した飲酒運転撲滅の宣誓書を警察に提出したにもかかわらず飲酒事故を起こしたことを挙げ「厳しい規範と倫理が求められる公務員にとって許容できない」と述べた。教育長をはじめ上司三人も戒告処分としたが、同乗していた臨時職員は処分対象としなかった。
posted by 公務員の飲酒運転 at 11:53| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

松本市が酒気帯び運転の職員を懲戒免職

市職員飲酒運転により懲戒免職処分です。

(信濃毎日新聞より引用)

 松本市は7日、酒気帯び運転の疑いで7月29日に松本署に摘発された同市環境清掃課の主任男性(32)を懲戒免職処分にした。同市は今年1月、「懲戒処分の指針」を一部改正し、飲酒運転に関する処分を厳しくした。同市職員飲酒運転に絡んで免職処分になるのは初めて。

 市によると、主任は7月28日午後10時半から翌日午前1時ごろまで友人と市内の居酒屋で飲酒。その後、市内の自宅近くにあるコンビニエンスストアまで運転代行を利用したが、同店から自宅までの約700メートル、自家用車を運転。松本署員に摘発された。

 同市は指針改正で、酒気帯び運転は人身事故でない場合でも従来の停職、減給、戒告を免職か停職にした。市は7日、管理監督責任を問い、同課課長と課長補佐を訓告、市民環境部長を厳重注意処分とした。

 菅谷昭市長は「職員には常々飲酒運転は絶対してはならないと言っており、誠に遺憾。市民におわび申し上げる」と陳謝。免職処分については「飲酒運転は言語道断で、当然」と述べた。宮坂典男・市総務部長は部課長らを対象に研修会を開くなど再発防止策を検討する考えを示した。

posted by 公務員の飲酒運転 at 11:58| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

「教職員懲戒」初の基準制定 県教委、事例集も作成

教職員のモラルが問われています。飲酒運転も結構多い。公務員の中でも聖職者と言われる信頼をしっかりと自覚してほしいものです。

(長崎新聞ホームページより引用)

 県教委は教職員の懲戒処分について、計三十九項目の事例を設けるなど初の基準を制定し、一日から施行した。「処分を明確にすることで、教職員の自覚を促し、不祥事の防止を図る」としている。

 これまで懲戒処分の総合的な基準はなく、人事院の指針や過去の事例などを基に処分を決めていた。文部科学省からの要請、各市町教委からの要望があり、基準を定めた。昨年十一月現在、全国で二十三の都道府県が策定している。

 基準は表で示し、「一般服務」「公金公物等取扱い」「公務外非行」「交通事故・交通法規違反」「監督責任」の五つの基本事項について明記。それぞれの標準例として、「体罰」「セクシャル・ハラスメント」「横領」「コンピューターの不適正使用」「人身事故」など計三十九項目の事例を設け、「免職」「停職」「減給」「戒告」のいずれに該当するかを表記している。

 項目によっては、複数の処分に該当するケースがあり、非行行為の動機や故意か過失かの度合い、児童生徒に与える影響などを考慮して判断する。例に掲げられていない行為は人事院の基準を参考にする。

 「飲酒運転」については酒酔い、酒気帯び運転、飲酒運転であることを知りながらその車両に同乗、飲酒運転のほう助、教唆に当たる行為のすべてのケースが免職となっている。関係法令と照らし合わせた事例集「信頼される教職員であるために」も作成した。

 基準は県教委のホームページで公開している。
posted by 公務員の飲酒運転 at 00:00| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

飲酒運転の警部補、懲戒免=帰宅途中、車を横転−岐阜県警

警察官飲酒運転、多いですね。何を考えているのでしょうか・・・

(時事ドットコムより引用)

 飲酒運転中に車の横転事故を起こしたとして、岐阜県警は3日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県警警備1課の男性警部補(42)を書類送検し、同日付で懲戒免職処分とした。
 調べでは、警部補は7月4日、岐阜市内の飲食店で同僚ら2人と約4時間にわたり飲酒。ビール中ジョッキ2杯と日本酒5合を飲んで車を運転した疑い。帰宅途中の午後11時半ごろ、同県瑞穂市内で車を横転させる事故を起こした。
posted by 公務員の飲酒運転 at 00:00| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。