スポンサードリンク

2007年09月24日

教諭が飲酒事故 福山・明王台高 3月にも臨時教諭懲戒免

教職者の飲酒運転です。いいかげんにしてくれ〜!公務員にならなくてよかった、という気すらしてきます。

(山陽新聞より引用)

 広島県立明王台高(福山市明王台)の教諭男性(53)=三原市=が飲酒運転で人身事故を起こしていたことが22日、分かった。同高では3月、臨時教諭男性=当時(32)=が飲酒人身事故を起こし、懲戒免職になったばかり。同県教委は「極めて遺憾。早急に調査し、厳正に対処したい」としている。

 三原署の調べでは、教諭は18日午後1時ごろ、三原市糸崎の国道2号で乗用車を運転し、対向のトレーラーと正面衝突。トレーラーは全焼し、運転手男性(52)=岡山市=が軽傷。教諭も頭を打つなどのけがをした。同署は入院中の教諭の回復を待って、道交法違反などの疑いで調べる方針。

 同高によると、事故翌日の19日夕、「血中のアルコール濃度が基準値を超えていた」と同署から連絡があった。教諭は2005年4月、同高に赴任し、日本史を担当。18日朝、当日の休暇取得を申し出ていた。

 同県教委は昨年12月、飲酒運転の処分基準を厳罰化する懲戒処分指針を一部改正。同高でも飲酒運転を含む服務規律全般について、朝会や研修会で教職員に注意を繰り返していたという。

 同高は21日、全校生徒に事故を説明。間東斉校長は「生徒や保護者、地域住民の期待を裏切り、大変申し訳ない」と話している。
posted by 公務員の飲酒運転 at 12:11| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

通勤で飲酒運転繰り返す 埼玉県、管理職を懲戒免職

こんな公務員、多いのでは?アダルトサイトくらいは勘弁してやってもいいと思うんですが、残業代まで申請???飲酒運転はいわずもがな、です。

(東京新聞より引用)

 埼玉県は19日、飲酒運転での通勤や、勤務中のアダルトサイト接続を繰り返したなどとして、越谷県土整備事務所の宮下裕之担当部長(50)を懲戒免職にした。

 県によると、宮下元担当部長は4月から、埼玉県蓮田市の自宅から約20キロ離れた事務所に車で出勤する際、ビールを飲んで飲酒運転を繰り返したほか、毎日数時間、勤務時間中にアダルトサイトを閲覧するなどしていた。

 宮下元担当部長はサイト閲覧の時間に対しても時間外手当を申請したほか、車で通勤しているのに電車定期代を受け取っていた。

 6月に「県職員がアダルトサイトに接続している」との情報が寄せられ県が調査。飲酒運転をしていたことも判明したが、8月まで酒を飲んで車で通勤していた。宮下元担当部長は「出来心でやってしまった」と話しているという。
posted by 公務員の飲酒運転 at 12:39| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

飲酒運転きょうから厳罰化=車、酒提供、同乗も−警視庁で一斉取り締まり

いよいよ改正道交法施行です。飲酒運転は、かなり厳しい罰則です。飲酒運転は犯罪です。飲酒を勧めた人も、犯罪者なのです。

(ヤフーニュースより引用)

 飲酒運転やひき逃げの罰則を強化した改正道交法が19日、施行された。車両や酒類提供者、同乗者に対する罰則なども新設し、従来適用してきたほう助犯より厳罰化。警察庁は今後、取り締まりを強化するとしており、警視庁は同日午前零時から、繁華街や高速道路入り口付近での一斉取り締まりに乗り出した。
 道交法は、昨年8月に福岡市で幼児3人が死亡した飲酒運転ひき逃げ事故などを受け、改正された。
 酒酔い運転の罰則は、従来の「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」から「5年、100万円」に引き上げられ、酒気帯び運転も「1年、30万円」が「3年、50万円」となった。
 飲酒運転者への車両提供は運転者と同等の罰則とし、酒類提供や同乗者の罰則は、運転者が酒酔い運転した場合が「3年、50万円」、酒気帯び運転は「2年、30万円」とした。
 
posted by 公務員の飲酒運転 at 12:06| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

都城市職員の酒気帯び運転、昨夏から3人目

飲酒運転するくらいなら、少々の手間はかかっても、代行運転を探しましょう。見つからなかったから乗ってしまった。。。は言い訳にもなりません。

(読売新聞より引用)

 都城市は10日、環境森林部の男性職員(29)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で都城署に摘発されたと発表した。同署は近く書類送検し、市は刑事処分が決まり次第、免職か停職の懲戒処分にする。同市では昨年8月以降、職員2人が飲酒運転し、それぞれ免職と停職の懲戒処分を受けている。

 同市によると、環境森林部職員は6日午前4時40分ごろ、同市松元町の市道で軽乗用車を運転中、パトカーに乗っていた署員に呼び止められた際、飲酒検知で呼気1リットル当たり0・25ミリ・グラム以上のアルコールが検出された。

 職員は5、6日が休日だった。5日午後9時ごろ、車で自宅を出て、市内で遊んだ後、6日午前0時半ごろからスナック2軒で焼酎のロックを計6杯飲んだ。「店を出た後、代行運転を探したが見つからず、そのまま車に乗ってしまった。市民の信頼を裏切り、申し訳ない」と話しているという。

 同市では、昨年8月に山之口総合支所の課長級職員が酒気帯び運転で摘発された。この職員は上司に報告していなかったが、市民の通報で明らかになり、停職6か月の処分を受けた。同年10月には、高城総合支所の係長級職員が酒気帯び運転で自損事故を起こして免職になった。

 このため市は10月20日、飲酒運転した場合の懲戒処分の指針を厳罰化。1月には交通違反の履歴などが分かる「運転記録証明書」を全職員に提出させる対策も取っていた。

 亀沢幸治・市総務部長は「飲酒運転を根絶しようと様々な取り組みをしてきたのに、怒りを通り越してむなしさを覚える。厳正に処分する」と話している。

posted by 公務員の飲酒運転 at 12:16| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。