スポンサードリンク

2007年08月13日

市職員相次ぎ飲酒運転 検挙で懲戒免職も

モラルがなさすぎですね、公務員は!
いつも社会と向き合って生きている民間企業に比べて、、、話になりません。

(AGARA紀伊民報より引用)

 田辺市は11日、農林土木課の係長級男性職員(46)が4日に酒気帯び運転で田辺署に検挙されたとして懲戒免職にしたと発表した。さらに市消防本部上富田消防署の男性係長(55)が9日、飲酒後に自動二輪車を運転し、外壁に衝突して負傷する自損事故があったと報告した。係長の処分は今後事情を詳しく調べ、決めるという。

 市によると、係長級職員は3日午後10時半ごろから、自宅で焼酎220ミリリットル1本と缶ビール350ミリリットルを半分ほど飲み、午後11時50分ごろ、自家用車を運転して友人宅へ向かったが、同市上の山2丁目の県道でパトカーの検問を受け、呼気1リットル中0・36ミリグラムのアルコール分が検出されたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)で検挙されたという。職員は休み明けの6日朝に上司に報告した。

 市は10日、副市長や収入役、総務部長らで構成する賞罰審査委員会を開き、11日付でこの職員を懲戒免職に、監督責任で、農林水産部長と農林土木課長を訓告処分にすることにした。

 一方、消防署係長は、9日午後6時ごろから8時ごろまで、市内のビアガーデンで消防職員ら約50人が参加した親睦(しんぼく)会でビール中ジョッキ8杯程度を飲み、自動二輪を運転して帰宅途中の午後9時ごろ、同市秋津町の市道で工場外壁に衝突し、鎖骨やあばら骨を折るなどのけがをしたという。現在、市内の病院に入院している。呼気1リットル中0・7ミリグラムのアルコール分が検出された。市は今後、係長から詳しく事情を聴いた上で賞罰審査委員会を開き、処分を決める。

 記者会見で真砂市長は「市民の信頼を裏切り、市の信用を失墜し心からおわび申し上げる。二度と起こすことのないように、全職員で信頼回復と再発防止に全力で取り組みたい」と謝罪した。市長は、自身の給料の月額を一部返上する考えで、9月定例議会に給与に関する条例改正案を提案するという。

 田辺市は昨年11月、全国的に公務員の飲酒運転事故が相次いだことをきっかけに、飲酒運転による懲戒処分の指針を改正。酒酔い運転は事故の有無にかかわらず免職にする▽酒気帯び運転は死亡事故か重傷事故を起こした時は免職に、傷害や物損事故、事故がなかった場合は免職か停職にする▽飲酒運転と知りながら同乗した場合も免職か停職にする―などと厳罰化した。

 改正にあたって当時、副市長(当時助役)名で、飲酒運転をした職員は原則として懲戒免職にすることや、交通法規の順守と交通事故防止に細心の注意を払い、飲酒運転の根絶に最大限努めるよう指示する文書を全職員あてに出していた。

posted by 公務員の飲酒運転 at 12:51| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

男性検察事務官を酒気帯び運転で処分/横浜地検

検察事務官の飲酒運転です。

(神奈川新聞より引用)

 横浜地検の四十代の男性検察事務官が勤務後に酒気帯び運転し、罰金二十万円の略式命令を受けていたことが十日、分かった。地検は同日付で事務官を六カ月の減給処分とした。事務官は依願退職した。

 地検によると、事務官は七月十三日午前零時ごろ、飲酒したうえで横浜市旭区の道路で乗用車を運転中、旭署に摘発された。前日の勤務後に同僚と飲食店で飲酒し、自宅の最寄り駅まで家族に車で迎えに来てもらい、運転を途中で代わったという。十九日に書類送検された。

 調べに事務官は「家族の運転経験が浅かったので運転を代わった。昨年十二月ごろから同じように二十回くらい飲酒運転した」と供述したという。

 地検の中井國緒次席検事は「極めて遺憾で再発防止に努めたい」とコメントしたが、「本人が深く反省している」との理由で氏名や年齢、具体的な摘発状況は公表しなかった。
posted by 公務員の飲酒運転 at 16:38| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

平戸市職員を懲戒免職 “撲滅宣誓”後に飲酒事故

市職員の飲酒運転です。

(長崎新聞より引用)

 平戸市教委は九日、飲酒運転で四人を負傷させる追突事故を起こした中部公民館の赤木英雄主事(30)を懲戒免職処分にした。白浜市長は「市職員としてあるまじき行為であり、市民の信頼を大きく失墜した。市民の皆さまに深くおわび申し上げる」とのコメントを出した。

 吉居辰美教育長らが市役所で会見し明らかにした。会見などによると、赤木主事は六月二十二日夜、飲食店で酒を飲んだ後、自家用車を運転しタクシーに追突事故を起こした。自動車運転過失致傷と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検され、今月六日に平戸簡裁が罰金四十万円の略式命令を出した。

 吉居教育長は処分理由として、全職員が署名した飲酒運転撲滅の宣誓書を警察に提出したにもかかわらず飲酒事故を起こしたことを挙げ「厳しい規範と倫理が求められる公務員にとって許容できない」と述べた。教育長をはじめ上司三人も戒告処分としたが、同乗していた臨時職員は処分対象としなかった。
posted by 公務員の飲酒運転 at 11:53| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

松本市が酒気帯び運転の職員を懲戒免職

市職員飲酒運転により懲戒免職処分です。

(信濃毎日新聞より引用)

 松本市は7日、酒気帯び運転の疑いで7月29日に松本署に摘発された同市環境清掃課の主任男性(32)を懲戒免職処分にした。同市は今年1月、「懲戒処分の指針」を一部改正し、飲酒運転に関する処分を厳しくした。同市職員飲酒運転に絡んで免職処分になるのは初めて。

 市によると、主任は7月28日午後10時半から翌日午前1時ごろまで友人と市内の居酒屋で飲酒。その後、市内の自宅近くにあるコンビニエンスストアまで運転代行を利用したが、同店から自宅までの約700メートル、自家用車を運転。松本署員に摘発された。

 同市は指針改正で、酒気帯び運転は人身事故でない場合でも従来の停職、減給、戒告を免職か停職にした。市は7日、管理監督責任を問い、同課課長と課長補佐を訓告、市民環境部長を厳重注意処分とした。

 菅谷昭市長は「職員には常々飲酒運転は絶対してはならないと言っており、誠に遺憾。市民におわび申し上げる」と陳謝。免職処分については「飲酒運転は言語道断で、当然」と述べた。宮坂典男・市総務部長は部課長らを対象に研修会を開くなど再発防止策を検討する考えを示した。

posted by 公務員の飲酒運転 at 11:58| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

「教職員懲戒」初の基準制定 県教委、事例集も作成

教職員のモラルが問われています。飲酒運転も結構多い。公務員の中でも聖職者と言われる信頼をしっかりと自覚してほしいものです。

(長崎新聞ホームページより引用)

 県教委は教職員の懲戒処分について、計三十九項目の事例を設けるなど初の基準を制定し、一日から施行した。「処分を明確にすることで、教職員の自覚を促し、不祥事の防止を図る」としている。

 これまで懲戒処分の総合的な基準はなく、人事院の指針や過去の事例などを基に処分を決めていた。文部科学省からの要請、各市町教委からの要望があり、基準を定めた。昨年十一月現在、全国で二十三の都道府県が策定している。

 基準は表で示し、「一般服務」「公金公物等取扱い」「公務外非行」「交通事故・交通法規違反」「監督責任」の五つの基本事項について明記。それぞれの標準例として、「体罰」「セクシャル・ハラスメント」「横領」「コンピューターの不適正使用」「人身事故」など計三十九項目の事例を設け、「免職」「停職」「減給」「戒告」のいずれに該当するかを表記している。

 項目によっては、複数の処分に該当するケースがあり、非行行為の動機や故意か過失かの度合い、児童生徒に与える影響などを考慮して判断する。例に掲げられていない行為は人事院の基準を参考にする。

 「飲酒運転」については酒酔い、酒気帯び運転、飲酒運転であることを知りながらその車両に同乗、飲酒運転のほう助、教唆に当たる行為のすべてのケースが免職となっている。関係法令と照らし合わせた事例集「信頼される教職員であるために」も作成した。

 基準は県教委のホームページで公開している。
posted by 公務員の飲酒運転 at 00:00| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

飲酒運転の警部補、懲戒免=帰宅途中、車を横転−岐阜県警

警察官飲酒運転、多いですね。何を考えているのでしょうか・・・

(時事ドットコムより引用)

 飲酒運転中に車の横転事故を起こしたとして、岐阜県警は3日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県警警備1課の男性警部補(42)を書類送検し、同日付で懲戒免職処分とした。
 調べでは、警部補は7月4日、岐阜市内の飲食店で同僚ら2人と約4時間にわたり飲酒。ビール中ジョッキ2杯と日本酒5合を飲んで車を運転した疑い。帰宅途中の午後11時半ごろ、同県瑞穂市内で車を横転させる事故を起こした。
posted by 公務員の飲酒運転 at 00:00| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

飲酒運転の講師懲戒免 三重県教委、同席の3教諭も停職

状況から考えるとかわいそうな気もしますが・・・
でも無免許もいただけませんね。

(中日新聞より引用)

 三重県教育委員会は二十六日、酒気帯び運転で摘発された三重県桑名市益世小学校の男性講師(25)を懲戒免職処分にした。飲食店で一緒だった同小の教諭三人も「飲酒運転するのを見過ごした」として停職一カ月の懲戒処分にした。

 県教委によると、この講師は十三日午後六時五十分ごろ、同僚三人と桑名市内の飲食店に入った。同十時すぎ、別の客が車を出すため、店の駐車場にあった同僚の女性教諭(46)の車を、近くの駐車場に移動させることになった。その際講師が公道を約一キロ運転し、歩いて店に戻るところを巡回中の桑名署員に呼び止められた。既にビール大瓶一本と日本酒一合半を飲んでいた。この女性教諭は酒を飲まないため車で来ていた。停職はこの教諭のほか別の女性教諭(53)と男性教諭(48)。

 また、県教委は野球部員を乗せた車を無免許で運転していた紀南高校(御浜町)野球部顧問の男性講師(24)も、停職一カ月の懲戒処分にした。

 この講師は十六日午後四時ごろ、同僚から借りたワンボックスカーに部員七人を乗せて高校野球三重大会の試合があった松阪球場から帰る途中、尾鷲市の国道42号で尾鷲署員に速度違反で摘発され、無免許運転が発覚した。免許の更新を忘れ、昨年九月に失効したままだったという。

posted by 公務員の飲酒運転 at 12:24| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の巡査の飲酒運転報告せず 摘発した大阪の警官

私も同僚なら、飲酒運転を報告することはできないかもしれません。だから、本人がしなくては。かばってくれた同僚まで。。。

(中国新聞ニュースより引用)

 大阪府警監察室は二十六日、大阪市内で京都府警右京署交通課の男性巡査(33)が酒気帯び運転し、摘発した大阪府警阿倍野署交通課の男性警部補(55)と男性巡査部長(54)が上司への報告を怠っていたと発表した。

 警部補らは「巡査は結婚したばかりで、飲酒運転で京都で懲戒処分を受けるのはかわいそうだと思い、報告しなかった」と話している。巡査も「職場に迷惑をかけると思い言えなかった」と摘発されたことを報告していなかった。

 京都府警と大阪府警はそれぞれ、巡査や警部補らを処分する方針。

 監察室によると、巡査は六日午後八時十分ごろ、大阪市阿倍野区松崎町の路上で乗用車を運転中に検問を受け、呼気一リットル中○・二一ミリグラムのアルコールが検出された。六日は非番で、昼ごろに自宅で焼酎約三合を飲んだ後、妻と大阪市内に買い物に来ていたという。

 大阪府警では、警察官の飲酒運転は道交法違反容疑で書類送検するという内規があるが、警部補らは違反切符で処理。職業欄に「公務員」と書いただけで、上司らには報告しなかった。

 巡査が二十三日に大阪区検に呼び出され、聴取の結果、警察官であることが判明した。
posted by 公務員の飲酒運転 at 12:18| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

新潟県警上越署の巡査が酒気帯び運転、同僚3人と飲酒後

警察官飲酒運転です。最後のコメントにもありますが、やはりプライベートでも、警察官公務員の使命は重いんです!自覚してほしい。

(読売新聞より引用)

 新潟県警察上越署の男性巡査(25)が22日、酒を飲んで乗用車を飲酒運転し、道交法違反(酒気帯び運転)で交通切符を切られていたことが28日、わかった。

 県警監察官室によると、巡査は22日午後8時から同11時ごろまで、上越市内の飲食店で同僚3人とビールの中ジョッキ2、3杯を飲酒。帰宅するために乗用車を運転し、同市内の市道を運転していたところをパトロール中の上越署員に停止を求められた。

 巡査から基準値以上のアルコール分が検出されたため、同署は交通切符を交付。巡査は「運転代行がなかなか来なかったため、自分で運転してしまった」と酒気帯び運転を認めている。県警は近く、この巡査を懲戒処分とする方針。

 県警の小菅孝嗣警務部長は「県警を挙げて、中越沖地震対策や飲酒運転撲滅に取り組んでいる中、誠に遺憾。県民の皆様に深くおわび申し上げます」というコメントを出した。

posted by 公務員の飲酒運転 at 00:00| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

<NASA>飲酒宇宙飛行が判明

宇宙飛行士が宇宙船の飲酒運転???まさか宇宙で「交通事故」はおきないでしょうが・・・

(ヤフーニュースより引用)

 宇宙飛行士が打ち上げ直前に大量の飲酒、少なくとも2回は酔って任務に支障が出る可能性がある状態で飛行していたことが、米航空宇宙局(NASA)が外部専門家に委託した調査で判明した。米航空宇宙業界誌「エビエーション・ウィーク」(電子版)が26日報じた。
 2月に女性宇宙飛行士(当時)が誘拐未遂容疑などで逮捕されたことを受け、飛行士の健康状態などに関する調査で判明した。
 飲酒飛行士の氏名や打ち上げ時期、機体などは不明。医務官や同僚飛行士が、酒酔い状態がひどく「飛行の安全が脅かされかねない」と警告したが、打ち上げが強行されたと報告書は指摘。NASAは打ち上げ12時間前からアルコール摂取を禁じているが、複数の飛行士が禁止時間帯に「大量の飲酒」をしていたことも判明したという。
posted by 公務員の飲酒運転 at 14:14| 公務員の飲酒運転ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。